アート鑑賞後に得たモノとは・・・
冬休みの最後の週、美術館をはしごしました。
木曜日に入場料が無料になる二つの美術館。
UCLAのHammer美術館で見た『Wolfgang Tillmans展』
MOCA(現代美術館)の『Skin+Bones』

作品について、細かいことはわからないけれど、響くモノを感じます。
自分の手で作れなくても、感動することはできるのは幸せなこと。


f0120714_10223790.jpg
Wolfgang Tillmans展の看板。
ここに来る前に知ってた写真は一枚だけ
実際に彼の作品をたくさん見てみると、
普通なら見過ごしそうな日常的な物を
撮った写真が多く、そんな自然な物が
大切に思える写真たちでした。
目に焼き付くってこんな感じなんだ〜と。


f0120714_10225686.jpg
UCLAからMOCAへ(西から東へ)移動途中、
clementineに寄って、腹ごしらえ。
オレンジの名前を持つこのお店で食べたのは、
sunshine corn cake(サンシャイン!)
冬休みに見た映画「little miss sunshine」
ほのぼのしてて、一瞬にして好きになったので
その影響もあって、選んだケーキ。






MOCAのskin+bonesにも感激しました!
ファッションと建築を融合させた展覧会で、見応えたっぷりでした。
一番気に入ったのは、NYのデザイナーの作品、『Tess Giberson』
あまりにも優しくかわいらしい雰囲気で、しばらくその場所から動けませんでした。

あと、話にはよく聞いていた『吉岡徳仁』の作品が見れて感激。
すごい事を考える人だな〜と素直にびっくりしました。発想の素がすごいです。
実際に、その作品の繊細さや圧倒的な力強さを味わえて、ありがたいコトです。

人にはそれぞれの「歩いて行く道」があるんですよね。
立ち止まったり、ちょっと横道に入ったり、ゆっくり休憩に入る時もあるでしょう。
それでも、歩く方向を見つけている人をステキだと思います。
私は、はっきりとは決まっていません。(したいコトはあるんですが。。。)
今回、自分の道を歩いている人たちにパワーをもらってきました。
(がんばろうっと♫)
[PR]
by olive-asa | 2007-01-13 11:24 | go out(お出かけ)
<< ストックホルムの『ピンクの紅茶』 『やっと出会えたね』 >>



二つの国を楽しむ生活
by olive-asa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
about myself(私)
LA(カリフォルニア)
Portland(オレゴン)
eat(おいしいもの)
cook(料理)
wear(服と靴)
shop(買い物)
read(読み物)
go out(お出かけ)
nippon(国内旅行)
overseas(海外旅行)
handmade(手作り)
baby(こども)
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
お気に入りブログ
ビスケットの缶
nino+nina
something so...
リネンの散歩道
うれしいの素
きらきら*
in my pocket
かわいい*まいにち
Link
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧